写真(Photograph)」カテゴリーアーカイブ

オレンジ色の丸い玉を追いかけた話 最終日

LINEで送る

本日も日の出1時間前の5時起床。

空を見ますと、ええ感じですぜ!
色々片付けまして、おっちゃんに教えてもらった鯛島へレッツGO!

直ぐに到着(5:40)

全くロケハンしてませんので、日の出方向を含めチョイとウロウロ。

マジックアワーが始まる001

しかし、日の出の方向ピンポイントに下層雲がががが。。。。0012

デタヨ、カミサマノイジワル。

まぁ、何もかも上手くいくわけもないので、宿題が増えたと云う事ですよ。
折角ですので、日が昇ってくるまで待ちます。

ご来光!002

敢えて、この位置。
そう、『鯛島』ならぬ『鮟鱇島』でございます。ささやかな抵抗(笑)

その後、

サンロードを撮影005

目から漏れる光も撮影006

これにて和歌山合宿フィニッシュ!(6:30)
ボチボチとはいきませんが、ウロウロとロケハンしながら帰りまっせ~。

そして、ロケハンを終え、最後のオレンジの丸い玉を追いかける為に普段は乗らない高速へ!

途中のサービスエリアで昼飯20191106_121015

しらすご飯と和歌山ラーメン。

そして、時間ギリギリに撮影地に到着

正法寺展望台

秋と冬と1日ずつしか無いチャンス。
天候が合わなかったり、スケジュールが合わなかったり。

今年で3年目でございます。

合宿最後に最高の

ダルマ夕日009

遂に結願です。
高速使って帰ってきてヨカッタヨ。。。。

下層に雲がと思っていたのですが、、、、

これ島ですわ。。。011

岡山県は牛窓沖にあります『黄島』です。
位置的にも太陽のかかり具合からも間違いないでしょう。
浮島現象が起こっているので雲と勘違いしておりました。。。びみょ~な日の誤差です。。。

こりゃ~、再チャレンジやな。
ただ、上の縦構図の写真は島を躱してダルマになってますので、沈み始め頃のダルマは大丈夫。
こうなってくると、誤差補正が大変(笑)

この日がベストな日だとしても、他の日を確認してからでないとねっ!
シャシンバカバンザイ、、、、、

と、これにてオレンジ色の丸い玉を追いかけまくった和歌山合宿は終了でございます。

写真の神様に微笑んでもらえたり、そっぽ向かれたり。
今回も本当に充実した合宿でした。

旅程

スライドショー

LINEで送る

オレンジ色の丸い玉を追いかけた話 2日目

LINEで送る



二日目は、日の出一時間前に起床(5:00)

あれやこれやと片付け&撮影準備。

橋杭岩 朝のブルーアワーが始まる001

からの~

マジックアワー002

真冬ほど空気は凛としてませんが、それでも特別な景色に変わりありません。

日の出を撮影しまして~
004

一旦橋杭岩の撮影は終了。(6:30)
次は、一度も訪れたことのない

那智の滝

超有名観光地である。
人の入らない景色を撮影するには早朝に訪れる事をが必要。しかし、ここは7:00から参拝可能でございます。平日の朝7時なんて殆ど人がいないだろうとの予想のもと行ってみました!

到着して撮影開始したのは

7:40頃016

ハケ待ち無し!ナンテ素敵なんでしょう!

参拝されてる方、3組程でございました。今のうちに

ば~っと
008

撮るでぇ~011

撮るでぇ~013

撮るでぇ~014

絵葉書のやつも

撮るでぇ~017

と撮影終了(9時頃)

この頃に駐車場に戻りますと、観光バスが4,5台。
観光客さんウジャウジャ。早朝撮影大正解でした!

スライドショー(那智の滝パート)

さー次行くで、次!

っと、その前に、、、ハラヘッタ。
時刻は11時ごろ。昼前で人も少ないでしょうから、

飯喰うで!

合宿時、夜は地元スーパーで地元ならではのお刺身や惣菜を晩御飯で食べておりました。
昼はといいますと、コンビニのおにぎりを齧りながら移動ってのが多かったです。

最近は、なるべく地元名産のモノを食べることが出来るお店に入るようにしております。

水門まつり20191105_115103

で迷いに迷って注文しましたのが、、、、

トッピー丼定食
20191105_113916

何と迷ったかといいますとですね、

飛び子丼定食image_120m

私トビウオ大好きでして。
あま~いお刺身も好きですし、とびっ子も大好き。お寿司はとびっ子軍艦ばっかり食ってます(笑)
昔なら両方注文間違い無しでしたが、、、最近、そんなに食えませんねん。。。歳とったもんだ。。。。

泣く泣く、両方楽しめるトッピー丼定食を注文致しました。

ついでに

特性 鯛餃子も注文20191105_114524

鯛の味もそんなにしませんでしたし、名物云う程でも無いかな。
まぁ話のネタに食べるのは良いと思います。

さて、お腹も膨れましたので、撮影再開!

まずは!

樫野埼灯台

ドンッと到着(12:00)025

ここに到着するまえに、『トルコ記念館』なるものがありました。
詳細は各々調べて戴く事にしましてですね、、、、

私は、『あ~、ビーバップハイヒールでやってたやつやっ!』と思いながら通過しました(笑)027

026

天気も抜群

抜けるような青空でございます022

白と青って、南国ムード満点ですよねぇ~。まぁ、南国といえば南国なんでしょうが。。。

灯台からの景色も押さえまして~024

次!
昨夜夜練しました

潮岬灯台

030

夜押さえたのなら、

昼も押さえないとねっ!034

勿論、登るよ!031

やはり、夜の灯台の魅力には敵わないなぁ~。綺麗ですけどねっ!

何だか資料館みたいなものがありましたので入ってみある。
撮影禁止でもなかったので、

資料的な033

032

ものをチョチョイと撮影しまして~灯台フィニッシュ!

スライドショー(灯台パート)

次!

颯爽と

橋杭岩に舞い戻る(笑)

昼も一応

押さえないとねっ!035

ついでに、長秒露光で水面を

ヌメヌメさせる036

ヌメヌメさせるパート2037

どうしてもお昼に水面を見るとヌメヌメさせたくなるよねっ!
ヌメヌメってのは全世界の男子の夢だよねっ!

って、ドシモネタやないか~いっ!

シツレイシマシタ、、、、

橋杭岩での撮影終了!(14:30)
スライドショー(橋杭岩パート)

さて、次はこの合宿第2のミッション。
ってか、本当に難しいミッションでございます。その場所はといいますと

円月島

真ん中にポッカリと穴があいております。img_1332736052_38_d

この穴の中に夕日を入れ込んで撮影しようってミッション。
2つ目の『オレンジ色の丸い玉』でございます。

そう、穴に何かを入れるってのは全世界の男子の夢だよねっ!

って、又、ドシモネタやないか~いっ!

シツレイシマシタ、、、、

しかも、入れ込む夕日は『ダルマ夕日』という、、、何とも無謀なミッションでございます。
しかし、無謀にチャレンジしに来た訳ではございません。

天気予報を調べ、雲の予報を調べ、円月島の穴に夕日が落ちる場所を調べ。
『ほぼ、いけるっ!』と思ったからこそのチャレンジでございます。

雲の予報を調べても、現場で湧く下層雲だけはドウしても予想できないんです。。。
これにやられるとアウトなのですが、チャレンジする要素の方が多ければ、チャレンジする以外に選択肢はありません!

現場到着後、地元のカメラマンのおっちゃんとお話。
『地元ではないのに、よーこの場所わかったなー。』とのご質問にですね。

スマホアプリを実際に見せまして説明(笑)
しかし、アプリの情報はあくまでもアプリの情報です。必ず現場での補正が必要です。

で、

段々と日が沈み始める038

下層雲も無く、夕日は無事に穴に入りそう。
しかし、ダルマになるかどうかは未定。

するとおっちゃん。長年の経験から、今の撮影場所より右に1.5mずれる。
これは流石やと思いました。おっちゃんは円月島のとある木の場所と太陽の位置で日の落ちる場所を予想しておるのです。やっぱり、長年の経験っちゅうのは凄いもんで。

私もオッチャンに許可を得て、オッチャンの後ろから狙う事に。

円月島に夕日が入る001

第一ミッションクリア!
この時間帯になると遠方を行き交う船に浮島現象が起こっておりますので、下層雲が無い限り『ダルマ夕日』ゲットなはず!

そして

その瞬間がやってくる041

ダルマ夕日開始のサインである。
おっちゃんすげぇ、、、、ダルマになる位置ピッタリ中心やで、、、、

きたーーーーーっ042

きたーーーーーっ044

素晴らしい景色を撮影にアチコチ出かけるようになり、それなりに経験も積みました。
しかし、この日は鳥肌全開(笑)
『来てよかった。。。。。』と心底思いました。

まぁ、毎回思ってるんですけどね、、、、

ここは白浜温泉街から凄く近い観光地です。
この日も結構な数の観光客さんが来てらっしゃいました。
この人達、、、旅行しに来て、これを見る事が出来るって、、、すげぇな、、、

と、ホンマに思いました(笑)

日没後、車に戻って放心(笑)

気づくと、これまた凄いマジックアワーが始まってましたので

もう一回っ!(大塚愛風に、、、)047

圧倒的すぎる、、、、、

おっちゃんとお別れする前に、橋杭岩のすぐ近くには『鯛島』と云う鯛の形をした島があるとの事。その島と『ダルマ朝日』が、又、素晴らしいと。。。

『ダルマ朝日』とは、朝日に起こるダルマ現象の事です。出来る理屈は『ダルマ夕日』と同じ。
撮影してみたいと思いましたが、ハードスケジュールだった為、体力が限界に。。。

このまま串本に戻ると、運転がちょい危ない。
何より、確率激低の『円月島ダルマ夕日ミッション』を完了できた事の余韻に浸りながらイッパイやりたい気分でイッパイ(笑)

まぁ、取り敢えず汗でも流すか、、、、と

とれとれの湯へ

20191105_181738

ゆ~っくり湯船に浸かり、ジェットで体をほぐしまして~

体力回復!
これなら運転も危険ではないだろうと

道の駅 くしもと橋杭岩に舞い戻る!(20:30)

撮影できてもできなくてもやり切ること!
月次ですが『やらない後悔よりやる後悔』をモットーに生きております。
危険ならそれは諦めますが、それもありません。

シャシンバカバンザイ

途中、串本のスーパー『オオクワ』に寄りまして、晩飯を仕入れる。
ここのオークワは24時間営業。素晴らしい!

で、車泊場所で余韻に浸りながら晩酌。

和歌山名物

カツオの刺し身を肴にね!20191105_205116

そして、明日に備えて早めに就寝でございます。というか、疲れすぎて寝落ち(笑)

三日目へ

LINEで送る


オレンジ色の丸い玉を追いかけた話

LINEで送る



10月も異常に暑く、ようやく紅葉が始まりかけた11月も中旬。

どうも皆さん、こんにちは。
「紅葉撮影の予定を立てていたのに、全く時期が合わず、合宿予定がオジャンになった写真家、摩訶不思議」です。ナゲェヨ、、、

と、紅葉の合宿の話はさておりてですね、数年前から撮影に行きたかったオレンジ色のアイツ。

そう、

『串柿』
デデンッ

只の柿と思うなかれ!右を見ても左も見ても柿が干してあると云う、圧巻の景色なのですよ!
10月の下旬から干しはじめ、だいたい11月イッパイぐらいまでは見ることができると思います。
確実なのは11月中旬ですので、天気の良い日を狙って行くのが良いと思います。

目的地はこちら

串柿の里

出発は2019/11/4 10:30
いつもは下道だけで行くのですが、大阪を抜ける場合は高速を使います。以前、下道を使って大変な目に。。。(笑)

14:00頃到着。
和歌山とはいえ、大阪府との府境ですので近いです。
この串柿の里は四郷と呼ばれており、地区と地区の間が離れております。
・東谷地区
・平地区
・滝地区
・広口地区

私が回ったのは東谷地区、平地区、滝地区の3つでございます。

山道を行きますと、オレンジまみれになりますのですぐに

分かる007

青空にも

映える!001

この干している柿も圧巻なのですが、あちらこちらにある柿畑!これもすげぇです。山の斜面全部柿畑かっちゅうぐらい

すごいです。008

圧倒的

オレンジの丸いやつ!
015

撮影しながら、和歌山名物の『柿の葉寿司』。
ナルホドと変に納得してしまいました。

柿の撮影を堪能しまして
020


フィニッシュ!(15:00頃)019

スライドショー

次行くで!
と目的地に向かっている最中、山の中に何だかタワーが。
こんなん登らなしゃーないやん(笑)

ごまさんスカイタワー

タワーからの写真は、映り込みが激しいので使い物になりませんでした。

駐車場からの写真を

どうぞ024

全然紅葉してない。。。11月なのに、、、、
紅葉したら綺麗でしょうなぁ~

さて、目的地へ、、、、って、和歌山県デカすぎませんか?
自宅から串柿の場所より、遠いってどういうことやねんっ!と思いながら体も冷えましたので、、、

風呂に入る!

道の駅 椿はなの湯

20191104_181140

さすが温泉地、道の駅に温泉があるとか最高!安いですしね!(500円)
ポカポカに温まりまして、取り敢えず、地元のスーパーへ買い出しへ

オークワ日置店

20191104_184943

寄り道しまくってますが、、、、

いざ、目的地へ!

橋杭岩(20:00頃到着)

寄り道しまくったとはいえ、遠い、遠すぎる、、、、
橋杭岩は『道の駅 くしもと橋杭岩』の駐車場から見る事ができます。撮影もそこから。

取り敢えず

おさえる025

おさえる
026

ここで車中泊するので、橋杭岩夜練はなんぼでも出来ます。
それよりも、台風の天気予報で有名な場所へ!

でんっと到着

潮岬灯台(21:00頃)

橋杭岩からちか~い。

そう、撮りたかったのは

夜の灯台030

光線がカッコよし!027

ここは星も綺麗ですので、灯台と星がチャント撮影できるのです。
約20年前に古座川の一枚岩の麓へキャンプに来たことがあったのですが、星の綺麗さにびっくりしたもんです。
あの時は、橋杭岩にも潮岬灯台にも興味なかったなぁ~。只々キャンプしてワイワイしてるのが楽しかった記憶でございます。

この時期は薄いんですが、、、

薄いながらも天の川が写っちゃう!
028

と、夜の灯台撮影を満喫しまして

橋杭岩に舞い戻る!

登ってきたオリオン座と橋杭岩を撮影(21:30)032

ようやく晩ごはんでございます。ここは道の駅ですので、車の後ろに三脚を立てて

グルグルする017

道を走る車や、道の駅の外灯など、光が多くてグルグルには向かないのですが、でも撮っておきたい!
設定してしまえば、あとは放ったらかしですので、バックドアを開けて車中で晩酌しつつ見張りでございます。

そう、和歌山といえば~

クジラ!20191104_220112

お刺身です。

私、クジラが大好物です。『浅草キッド』弾き語るぐらい大好物(笑)
地元でも見つけたら買うのですが、結構お値段するんです。
やはり、和歌山は安いです。大体半額ぐらいな感覚。

と、1時間ぐらいグルグルしまして、本日の写真のバックアップをとりまして~1日目終了!

二日目へ

LINEで送る


彼岸花合宿に行ってみたものの。。。。

LINEで送る



9月どころか10月まで訳の分からん気温でですね、今年の彼岸花の満開は例年に比べて約10日も遅れてしましました。

どうも皆さん、こんにちは。
『立てた予定も開花状況によっては、スライドさせる写真家、摩訶不思議』です。

8月末には既に彼岸花合宿の予定を立てておったのですが、地元に全く咲かず、そして、合宿先をチェックするもやはり咲いていない。
咲いていなければ行っても彼岸花を撮影出来ないので待機。
ようやく咲き始めたのが9月20日頃。満開は9月末頃だなぁ~と天気予報を見てみますと月末は見事に雨、曇り、、、、連休明けの9月23,24日頃がかろうじて晴れ。

満開ではないけど、開花している。じゃー行かなしゃーないやん。。。。と、取り敢えず行ってみる事を決定。

今回の目的地はですね

桂浜園地

滋賀県は高島市でございます。
そう、かの有名な『メタセコイア並木』の場所でございます。
ぇ?知らない?

知らない人は摩訶不思議フリークとは言えませんよ!
『あ~~~~~あ~~~~~』
フリークになんてなりたくないと云う声は聞こえません。

朝から撮影したいので、前乗りでっせ。
宿泊場所はみんな大好き

マキノピックランド駐車場

先程も出てきました、メタセコイア並木のある場所でございます。
合宿準備をして、14時頃しゅっぱ~つ。

車泊場所から桂浜園地は車でスグですので、夕方にロケハン。
見事に一部咲き。
彼岸花は成長が早いので、一日で開花状況がガラッと変わります。
しかし、これでは開花状況は厳しい。。。待てばイケそうならと2泊の予定で来たのですが、これでは駄目。こんな時は潔く一泊に短縮。

と、ロケハンを終えまして、いつもの

風呂へ!

20190924_183157

さっぱりしまして、マキノピックランドの駐車場へ。

途中、福井県小浜市のスーパーで

買い込んだ、地元食材。

こんなんとか

20190925_180513

こんなんとか

20190926_183524
を肴に晩酌。
朝の4時に目覚ましを設定して22時頃就寝。

朝4時、起床!
この日の日の出は5:30頃。ですので、すぐに移動出来るように色々と片付けまして空が白み始めた頃、

撮影開始!

003
桂浜園地は咲いていませんので、大好きなメタセコイア並木を撮影。
緑のパターンは、このブログの一番最初の記事(2016/10/7)以来、3年ぶりでございます。

相変わらずの

美しさ

002
紅も綺麗、白も綺麗、もう

何でも綺麗なんですよ(笑)

005
日が昇り始めて、

パリィっとね

021
少しだけ咲き始めの

彼岸花と共に

016
この時期の早朝って、だ~れも撮影してません(笑)
私、一人だけなのでウハウハです。

満足してメタセコイア並木撮影終了

今回も

ありがとねっ!

20190925_070338
サクッと移動

来年の為のロケハンロケハン。

少しだけ咲いている

彼岸花を撮影しながらね!

026
花芽の様子を見ますとですね、、、ここ、スゲェ絨毯になるんやろなぁ~。
又、来年来るからな!

と午前8:30時には撮影終了してしまいました。帰宅にはチョイと早い。
ってことで、前から気になっていた

箱館山コキアパークへ

オープンは9時ですので、ちょうど良い。
コキアっていいましても、調べた限りでは、そんなに数はなさげ。
一応カメラは持って行きましたが、まぁ、、、

こんなんや

032

こんなんや

035

こんなん

044
と、観光写真ですので、スライドショーでは割愛。
ここは一度行けば、二度目はないかなぁ~。スキーやスノボするなら別ですけどね!

ってことで、宿題が増えただけの彼岸花合宿でございました(笑)
来年、再チャレンジでっせ!

と、9月の合宿記事を書きながら、紅葉合宿の下調べをしている10月の摩訶不思議でございました。

スライドショー

LINEで送る


若狭たかはま漁火想を撮影してきたぞ!

LINEで送る



今年も暑いですなぁ。。。
暑いのは苦手なのですが、花火の待ち時間は何だか暑さを感じないんですよねぇ。

どうも皆さん、こんにちは。
『たいして運動もしていないのに、花火待ち焼けで真っ黒な写真家、摩訶不思議』です。

花火の撮影って結局場所取りが大事なんですよ。
エエ感じで撮影しようと思いますと、それ相応に早い時間から待機してないとスグ埋まっちゃうんすよ。

撮影は40分程なのに、待ち時間5時間とかザラにあるんですよ。。。。
歳とってくるとダイブ厳しい。。。。

あれやこれやはさておいて(笑)

前々から撮影したかった『若狭たかはま漁火想』を撮影してまいりました。

ここは普通に花火も上がるのですが、何より『櫓龍(やぐらどらごん)』ってのを撮影したかったわけですよ。詳細は各々調べて戴きたいのですが、簡単に言いますと、コンビニや玩具屋さんで売っている花火を使い、試行錯誤してすげぇ手筒花火等を作ろうじゃぁないかって花火です。

豊橋や三河は手筒花火で有名なのですが、有名所は手筒用に花火を作っています。
そうではなく、玩具花火でスゲェ事をやろうって云う気概に感動し、撮影したかったわけなんです。

さて、目的地はですね

若宮海水浴場

福井県といっても、京都との県境ぐらいですので高速ですと1.5時間、下道でも2.5時間ぐらいで到着します。この日は台風の影響で朝から雨が降っていたのですが、天気予報をチェックしますと16時頃からは雨も上がる予報。

まー、最悪花火大会中止でもドライブがてらいくかーと出発したのが午前10時。

勿論、下道。

勿論、寄り道

いつも食べます『よってっ亭』のおろし蕎麦大盛り20190727_112731

満足しまして、目的地へ到着(12:00頃)

花火が始まるまで7時間ほどあります(笑)

取り敢えず、ロケハン。
どのあたりから狙うかや場所取りして良いのか等など。
雨のぱらつくなか現場をウロウロ。

で、実行委員らしき方々に撮影場所や場所取りの時間等を尋ねました。
どうやら三脚を立てて良い場所が決まっており、時間は16時からとの事。

ロケハンが終わったのは14時頃。2時間ほど暇がありましたので、車に戻って仮眠でございます。

目覚めた15:30。
いそいそと準備しまして、三脚立てにレッツゴー!

16時前に到着しましたが、、、、既に三脚の林(笑)
16時からとか嘘や~ん。

一応、場所を確保しましてぼーっと座ってましたら、みるみるうちにドピーカンに。

夕暮れ時、カメラ片手に

ふらふら~001

ふらふら~002

ふらふら~003

撮影したり、サンセットライブ聴いたりしてましたら、あっちゅうまに日没。

まずは、普通の花火から!004

規模は小さいものの、すごく近い水中花火ですので

迫力満点!007

満点011

満点009

20分ぐらいで終了。

10分のインターバルを挟みまして、待っていました

『櫓龍』015

これほんまに玩具花火かいってぐらい

迫力満点016

リハも見学しまして、撮影シュミレーションしましたが、、、、

全然役に立たない(笑)018

迫力の伝え方が

めっちゃ難しい。。。。017

右往左往しながらも

頑張る!022

アレヨアレヨという間に

フィニッシュ。。。023

この最後の花火。撮影しているのは100m以上離れていたのに、スゲェ熱かったです。。。
これだけは現物を見たほうが良いと思います。

煙の少なめの点火後スグに撮影した方がよかったなぁ~

とか

この瞬間はSS早めがよかったなぁ~

とかとか、多く反省点の残る撮影でございました。来年は別の角度からの撮影を再挑戦したいと思います。

反省点は多いのですが、念願の『櫓龍』を実際に見ることができ、大満足の『漁火想』撮影でございました。

時間的に、神戸や大阪に行くのと、そう変わらない時間で見に行くことが出来る若狭付近の花火大会。

人も少なめでおすすめです!

私は日帰りでしたが、一泊しても面白いと思います。

機会ある方は是非見に行ってみては如何でしょうか?
撮影で福井県を訪れる事が多いですが、決して福井県の回し者ではございません。

私は、あくまでも『小野市非公認観光大使』でございます(笑)

スライドショー

LINEで送る


ホタルハンター2019

LINEで送る



今年も夜間撮影が忙しい季節も終了。

どうも皆さん、こんにちは。
『毎年同じ行動を繰り返す写真家、摩訶不思議』です。

ホタルの季節到来。
毎年、桜ハンター、ホタルハンター、紅葉ハンターの3ハントは恒例行事になっております。

まずは2019/6/6ゲンジボタルの撮影。
今年は桜が一週間ほど遅かったので、ホタルも遅いだろうと思っていたのですが案の定。
自然って本当に不思議ですなぁ。

今年のゲンジボタルは一発撮りをしたかったので、人や車の少ない夜中の撮影でございます。

19:00  就寝。
1:00 起床
1:30 出発
2:00 撮影開始
3:30 撮影終了

と云うスケジュール(笑)

ホタルのピークは大抵20:00~21:00です。
その時間は人も車も非常に多い。
なので、第二ピークの午前3時頃を狙いました。

っちゅーことで、

一発撮り001

一発撮り003

一発撮り006

一発撮り007

ここのゲンジボタルは数も多いですので、2分程バルブ撮影すれば、しっかりと写ります。
大満足のゲンジボタルハントでございました。

そして、ほぼ20日後。
そう、オシトヤカなヒメボタルハントでございます。
やはりピークは毎年より一週間ほど遅い。

2019/6/26
ここは人も車も無茶苦茶多いスポットですので、例年通り比較明合成前提で撮影でございます。

今年は新しい場所が整備されておりましたので、例年と違う場所で

ハント014

ハント013

人が多いと云う事は移動ができませんので構図固定でございます。
比較明合成前提ですので、設定固定のインターバル撮影ですので、撮ってる最中にこれといってする事もございません。
ですので、ず~っとヒメボタル鑑賞できちゃいます!
毎年撮影に来ているのですが、撮影と云うよりは、フワリフワリと舞うホタルに癒やされに来ているのが正しい(笑)
今年もしっかりと癒やされました!

そして、2019/7/1。
姫には何度も会いたくなるよね!

ってことで、違う場所で撮影!

この場所は、人も少なく車も通りませんので一発撮りを試してみました。

が、、、、5分程シャッターをあけるとセンサーが熱を持っちゃいまして、端っこの方にノイズが。。。
っつー事で、一発撮りを諦め、比較明合成用に切り替えます。

姫に癒やされる017

癒やされる018

癒やされる019

って事で、ここでもマッタリ癒やされまして

フィニッシュ!020

毎年見たい景色がそこにある。
そして、その景色は明日には無くなってしまうかもしれない。

今年も見ることが出来たことに感謝感謝でございます。

スライドショー

LINEで送る


紫陽花の撮影って難しいよね。。。。って云うお話。

LINEで送る


観測史上最遅の梅雨入り。
今年は8月ぐらいに梅雨明けして、その後、すぐお盆に入って立秋。。。。なんてことに、、、
そんな年があってもイイじゃない!

どうも皆さん、こんにちは。
『梅雨生まれの写真家、摩訶不思議』です。

梅雨生まれですが、梅雨とか夏とかキライです。
ご存知の方も多いと思うのですが、、、
私、冬が大好き!寒いの最高!

もう、真夏に首を長くして冬を待ってます。

I’m dreaming of a White Christmas♪

そう、名曲『White Christmas』な感じですよ!

冬への愛を語りだすと止まらなくなりますので、この辺にしといてですね、、、

そう、6月と云えば紫陽花

この、紫陽花ってヤツ。中々の曲者でしてですね。。。。

主題にしようもんなら、全部同じに見えちゃう。
種類は沢山ありますけれど、寄って撮ると、どこで撮っても同じに見えちゃう。

例えば、こんなの。001

どこかで見たことあるような構図(笑)
あ、ここはですね

頼光寺って場所です。

こんなのとか002

こんなのとか003

マクロなんて使おうもんなら、もう、色違いの同じ花。
少々大げさに書いてますが、まぁ、遠からずです。

つまりはですね、何かの副題にすれば素晴らしく映えるのです。
でも、主題で撮りたいよね!

じゃ~、同じに見えない主題を探せばエエんですよ!

ってことで、ドンッ。

さっきの頼光寺からすぐ。
そう、この日は久安寺がメイン。頼光寺はついででございます。

ここは、紫陽花をゴリッゴリの主題にできる

写真が撮れるんです!008

そう、紫陽花が水に浮いてる。なんて涼しげなんでしょう!

これだけ特殊な状況ですので、表現もいろいろ

デキチャウ!006

デキチャウ!007

デキチャウ010

こんな紫陽花見たことない!

水に浮いているって事はですよ、少なからず動いているんですよ。

ってことで~、

NDで流す!029

流す!013

流す!016

SSは120秒ぐらいです。

静と動も忘れずにね!024

リフレクションも忘れずにね!018

アンダー気味も忘れずに!009

と一箇所で何度も美味しい紫陽花撮影でございました。
まぁ、紫陽花の撮影としてはどうかと思ったのですが、これはこれで有りだと云う結論に至りました。

来年からの紫陽花撮影どういようか。。。。まぁ、来年は来年の風が吹くってことで(笑)

スライドショー

LINEで送る


やり残した宿題を終わらせるぞ!

LINEで送る



だいたい宿題って期限までに終わらせるのが普通なのですが、写真に関する宿題は数年跨ぐってのはよくある事。

どうも皆さん、こんにちは。
『やり残した宿題だらけの駄目写真家、摩訶不思議』です。

そう、一回でバシぃっと撮れれば良いのですが、そうもいかない。
バシぃっと撮れたとしても、数年後、気に入らない事も多々。

そんなこんなでやり残した宿題だらけ。おまけに撮りたい場所は増えていく。
死ぬまで終わりません。。。。。(笑)

しかし、終わらないからといって諦めるわけにはいかないのですよ。
人生が終わるその時まで、一つでも多く撮りたい場所を撮る。それが風景写真家ってもんです。

と、長い前置きはこのくらいにしましてですね、今回行きましたのは

石田の棚田

行きましたのは、2019/6/13。
丁度この時期、水が張りたての棚田に夕焼け空が映って綺麗なのですよ。

昨年、ロケハンだけして結局タイミングが合わず来られませんでした。→昨年の記事

ってことで、昼飯も食べたいので、11時頃にしゅっぱ~つ。

丼っと到着。(12時過ぎ)

春から初秋にかけまして、淡路島にきますと生しらす丼を食べるのですよ!
毎回違うお店で食べます。勿論、当たり外れあります(笑)

店内撮影は禁止でしたので、外観だけ。。。20190613_113628

ここの生しらす丼は柑橘系の出汁に漬け込んでいるみたいです。
味が薄ければ醤油をかけてくださいって店員さんに言われたんですが、結果使用せず。ついでに玉ねぎの丸ごと天ぷらも食べました。無茶苦茶甘かったです。
お腹パンパン(笑)

さーて、夕方まで時間はあるのですが、棚田に水が張っているのかを確認に行かねばなりません。
張って無ければ生しらす丼食べて帰るだけ(笑)

あっちゅうまに到着

水はOK!001

とは言うものの、

ベストポイントには張られておりません。003

この棚田も跡継ぎがおらず、休耕田は増えているみたいです。

ロケハンを兼ねて

数枚撮影005

しまして、、、、、

夕方までする事が無くなる。。。。

そうだ、鳴門へ行こう!写真を撮るのでは無く、一度も行ったことがない

うずの丘 大鳴門橋記念館

たまには観光観光!

ここで前からやってみたかった

玉ねぎUFOキャッチャー20190613_152335

1個取れると、1.5kgの玉ねぎがもらえるらしい。

100円→1プレイ
500円→6プレイ

勿論、500円で!

ち~ん

まぁ、そらそうですわな。
普通のヌイグルミでも難しいのに、あんなツルツルした重たいもんなんか取れるわけないんですよ!
良い子は1プレイにしておきましょう。。。。

と、売店で玉ねぎドレッシング(わさび)を購入。
これで焼き肉とかステーキ食べたら無茶苦茶美味いんですよ。
そして、塩ソフトクリームも購入。久々に観光らしい観光しております。。。。。

んでもって、エエ時間になってきましたので

舞い戻る!

準備しまして~

撮影開始!012

農家のオッチャンが色んな意味で

エエ仕事してます!013

夕暮れ時は、ユックリと時間が過ぎるので、景色を楽しみながら

撮影018

贅沢な時間を満喫しまして020

フィニッシュ!022

この時期、日没は19時を過ぎますので、ブルーアワーまで残ると20時を回ります。
勿論、ブルーアワーまで撮ったんですけどね(笑)

宿題を一つ減らしまして、大満足の帰宅となりました。

スライドショー

LINEで送る


合宿 白川郷-リフレクション編- 最終日

LINEで送る

終日は、夜明け前の白米千枚田を撮影するため、4:00起床。

夕暮れ時、あんなにいたカメラマンも朝一は私一人でございます。

今日は朝の千枚田撮影後、帰宅のみ!

朝一の棚田を

ノンビリと撮影001

朝のブルーアワーもいいねっ!002

って事で、4:40、合宿白川郷-リフレクション編-全行程フィニッシュ!
今回も素晴らしい景色の数々に出会えた事に感謝しまして、帰路に付きます。

勿論、途中
道の駅 名田庄にて(12:00頃)

おろし蕎麦の大盛りを食べまして(笑)

14時頃、無事に帰宅!
何より運転が疲れた(笑)

ってことで、スライドショーまとめです。
スライドショーは日程毎ではなく、何となくまとまり優先で作成しております。

 

スライドショー1

スライドショー2

スライドショー3

全行程はこちら全行程

LINEで送る